看護士が転職したいと決断したら、手始めにやっておくといい事といえば

高齢社会の今日、病院や福祉の世界でいつも看護師の人手不足となっています。ですので、さらなる高条件を夢見て深く考えずに再就職活動に乗りだ実施している看護師が大勢いるです。人手不足なので次の仕事場が決まらないなどという事例はとりあえずありませんしかし就業先での厄介事は容易に起こります。ひとたび実際にお会いして上手くいかないことでショックを受け、その状態の時、現在の病院で上司に良い言葉をかけられたり、先輩に元気付けられたりしたら、仕事を変えるのは今はやめようと誓いがうやむやになることも起こり得ます。けれどもその際にためらってしまったら、それ程でもない看護士人生で終わってしまうはめになることがあります。後悔にならないためにも、看護士の生涯においてあせって新たな就職先探しを実行に移す事は必要か、いかなる業務内容を求めているのか、さらにいつ開始するのが適しているのか等を真剣に考えましょう。さらに、自分が切望するキャリアに関連した構想を立ててから新たな職探しに移ることを強く勧めます。

「「無名中小」が新卒で優秀な人材を集める方法」 より引用

新卒採用なんて夢のまた夢で中途採用しか募集していない」「自社のHPや就活支援サイトを通じて宣伝をしているが一向に学生が集まらない」――。実際に、そんな悩みを抱える経営者や人事担当者は多いはずです。 では、無名中小企業には新卒採用は無理なのでしょうか?…(続きを読む)

出典:http://toyokeizai.net/articles/-/126783

takahashi